HOME

岩沖 晴彦 IWAOKI Haruhiko
所属:

京都大学 霊長類研究所 研究員

専門分野:

実験心理学、神経生理学

キーワード:情動 Emotion

ポジティブな情動は私たちの生活の原動力になる一方、制御できないネガティブな情動は時として人生に困難をもたらします。

私たちの生き方を左右する情動はどのように脳から生まれるのかについて実験心理学と神経生理学的手法を用いて研究しています。



お知らせ (主に個人の活動、詳細はCVへ)

(new) 2020/12/03
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにて招待講演を行いました。
最新の情動の心理モデルと情動を支える神経基盤を紹介し、強化学習やベイズとの関係について概論を行いました。
知覚・認知モデル論「情動の行動・神経モデルの基礎と発展」

2020/9/11
日本学術振興会 科学研究費補助金 研究活動スタート支援に採択されました。
課題名は「 サルを用いた不安によるチェック行動の定量化とその神経メカニズムの解明 」(研究代表者 岩沖晴彦)です。サルの神経生理学に基づく情動研究をさらに進めていきます。

2019/12/19,20
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにて招待講演2題を行ないました。
12/19, 研究会A(知覚と認知の心理学), 「情動の理解を目指して: サルを用いた神経生理学アプローチ」
12/20, 知覚・認知モデル論「情動の心理モデルと神経基礎概論」

2019/12/02
総説が医学系の雑誌である「生体の科学 2019年12月号 特集 科学と芸術の接点」に掲載されました(Amazonでも購入可能)。
タイトルは「サルにおける表情コミュニケーションと神経メカニズム」です。

2019/11/22
動物行動学会のラウンドテーブルAで発表を行ないました。
タイトルは「霊長類における観察恐怖学習とその神経基盤」です。
https://www.jesmeeting38.com/

2019/07/04
アルコール片手に科学を語るイベント、’Nerd Nite Inuyama III’で
「脳から幻覚はどうやって生まれるのか?」についてトークを行ないました。
http://www.wildlife-science.org/en/nerdniteinuyama/2019-07.html

トップへ戻る